森林の施業集約化について
森林・林業に関わる国の制度改正が急速に進んでいます。
山主さんに直接関係あるものをまとめてみました。


 1 森林経営計画の作成
  森林組合が面的なまとまり(林班毎に)をもって作成する実行計画書です。

 2 森林施業集約化
  最低5ha以上の搬出間伐ができるような団地になるように、森林所有者から同意書
   (経営委託契約書)を集める行為です。


 3 森林環境保全直接支払い制度(今までの森林造成事業です)
  間伐については次の用件が必須となります。
事業主体(補助事業申請者)は経営計画作成者になります(森林組合等)
一回の申請面積は5ha以上(小面積の場合は生産森林組合等大面積所有者と一緒にして申請)
間伐材の搬出量は1ha当たり20㎥以上が必要です。
   ※下草刈り、除伐等間伐を除く事業は今まで通りです。
    切捨て間伐は「森林づくり県民税」で当面対応できます。

 4 低コスト化に向けた路網整備等の加速化

 5 国産材の需要拡大と効率的な加工、流通体制の整備


小川町大字腰越地内



花粉削減対策事業 : スギ・ヒノキ林 作業道開設・搬出間伐

寄居町大字金尾地内





県営林整備事業 : ヒノキ林 作業道開設・搬出間伐

嵐山町大字越畑地内



武蔵野の森整備事業 : 広葉樹樹種転換

熊谷市(江南野原地内)



里山平地林整備事業 : 竹・シノ 伐採整備