「植林から製材」そして「木の家」づくり。埼玉県中央部森林組合

CoC認証取得

埼玉県中央部森林組合では、平成29年2月17日に、SGEC(緑の循環認証会議森林認証)のCoC認証を取得いたしました!



SGEC認証とは
SGEC認証は、世界的に推進されている持続可能な森林経営の考え方をもとに、日本の森林管理の実情に合わせてつくられた国内向けの森林認証制度です。
緑の循環認証会議(SGEC、Sustainable Green Ecosystem Council)が運営しています。

CoC認証とは
CoC認証とは、管理の連鎖(Chain of Custody)を意味します。
認証材が、加工・流通の過程で他の製品ときちんと分別、識別され他の木材などと混同されていないか評価します。

地域にしっかりと貢献できる組合づくりを目指して

基本理念、基本方針


基本理念
組合員と共に森林(もり)と向き合い、組合員との絆を大切にして、林業の振興に全力で取り組み、地域の発展と組合員の福祉向上に貢献する。

基本方針
(1)組合員のための森林組合として、信頼性の向上に努めます。
(2)施業の集約化を図り、「伐って、使って、植えて、育てる」の循環型林業
  を推進し、公益的機能を高める豊かな森林づくりに努めます。
(3)路網の整備、作業の機械化を推進し、低コスト作業システムによる採算性の向上に努めます。
(4)木材の加工、供給体制を整備し、地元材の販路拡大に努めます。
(5)地域林業の活性化のため、担い手となる人材の育成に努めます。